一般の方向け情報

  • Print this Page

ラボコープのNIPT(エヌ・アイ・ピー・ティー)
MaterniT®21 PLUS(マタニティ21プラス)

NIPTを受けるか検討中の妊婦さんへ

ここでは以下のことについてご説明させていただきます。

1.NIPTの制度はどんなもの?

これからNIPTについてご検討される際には、まず以下のことをよくご理解ください。

  • NIPTを行う病院には、日本医学会が認可した病院(以下、認可施設)と、そうではない無認可の病院(以下、無認可施設)があります。
  • 認可施設では、NIPTを受ける前後の相談から、検査結果が陽性であった場合の対応、さらに出産および産後の医療的・心理的なケアを総合的に行える体制をもっていることが日本医学会によって厳格に審査されています。
  • 一方、無認可施設では、NIPTを受ける妊婦さんに必要な上記の支援や医療を行えるかどうか、日本医学会などの公的機関によって確認されていないため、NIPTは受けられても適切な医療・支援を受けられなかったり、検査結果についても正しい解釈がなされない危険性があります。
  • 出産までの間や産後にも医療的な支援が必要となる場合があるため、産婦人科医や小児科医等による医療が受けられる環境であることが望ましいです。 また、検査に関するさまざまな不安や悩み、葛藤に寄り添う心理的なケアを受けられるように、専門資格を持った医師やカウンセラーによる遺伝カウンセリングを受けられる環境も必要です。 そのため、NIPTは日本医学会が認可した病院で受けることが非常に重要です。

    2. わたしの年齢でNIPTを受けられるのかな?相談するタイミングは?

    NIPTを考えるときは、あなたがNIPTを受けられる条件(※1)に当てはまっているか確認する必要があります。条件に当てはまらなかった場合でも、NIPT以外の出生前検査の選択肢があります。また、NIPTを受ける時期(※2)についても注意が必要です。

    認可施設のホームページでは、検査を受けられるか、受けられる時期について説明があります。また、電話で病院に問い合わせることもできますので、きちんと確認してみましょう。

    ※1 NIPTを受けられる条件

    NIPTの認可施設では、以下のいずれかに当てはまる妊婦さんにNIPTを行っています。

      1. 高齢妊娠の方
      2. 母体血清マーカー検査(クアトロテスト、コンバインド検査)や胎児超音波検査で、胎児が染色体数的異常をもつ可能性が疑われる方
      3. 染色体数的異常をもつ胎児を妊娠したことがある方
      4. 両親のいずれかが均衡型ロバートソン転座の保因者で、胎児が13 トリソミーまたは21 トリソミーをもつ可能性が示唆される方

    上記に当てはまらなかった方でも、クアトロテストやコンバインド検査などの出生前検査を受けることは可能です。NIPTの制度についてよく理解されている医師(かかりつけ医など)に、出生前検査を考えていることを伝え相談してみましょう。

    NIPT以外の出生前検査については、以下のページでも紹介しています。

      ※2 NIPTを受ける時期

      NIPTは妊娠9週以降であれば検査を受けることができますが、陽性結果だった場合の確定的検査(絨毛検査もしくは羊水検査)には約2週間かかることを踏まえてNIPTを受ける時期を検討しましょう。妊娠20~21週頃までに羊水検査の結果を得るためには、遅くとも妊娠17週頃までにはNIPTを受けておく必要があります。

      3.NIPTにはどんな種類があるんだろう?

      日本で行われるNIPTの対象疾患(※3)は21トリソミー・18トリソミー・13トリソミーの3つです。NIPTでその他の染色体異常も調べると謳う病院は、無認可施設である可能性が非常に高いため注意が必要です。

      ※3 NIPTの対象疾患

      NIPTの対象疾患は21トリソミー、18トリソミー、13トリソミーです。この3つのトリソミーは、染色体異常全体の約7割を占めています。 ただし、NIPTでは、残り約3割の染色体異常や、染色体異常以外の原因による先天性疾患は調べていないことに注意が必要です。

      NIPTはいろいろな臨床検査会社で実施されており、認可施設はそれぞれ異なる臨床検査会社に検査を委託しています。従って、施設によって異なる検査が実施されているのが実情です。認可施設のNIPTはいずれも厳格な精度管理が行われています。

      弊社ラボコープは、2011年に世界で初めてNIPTを開発してから、これまでに世界中で100万人以上の妊婦さんの検査を実施してきました。

      この実績により、弊社ラボコープのNIPTは世界の医療関係者や妊婦さんから高い信頼を得ています。

      4.ラボコープのNIPTを実施できる認可施設は?

      ここでは、弊社ラボコープのNIPTを妊婦さんに提供している認可施設をご紹介します。お近くの施設がありましたら、ぜひいちどお問い合わせしてみてください

      5.健康保険は適用されるのかな?

      NIPTは自費診療になり、健康保険(公的医療保険)は適用されません。

      6.検査費用はどれくらいだろう?

      各施設で異なりますので、NIPTを実施している認可施設へお問い合わせください。

      7.まとめ

    • 無認可施設では、検査結果が陽性だった場合の対応や、出産および産後の医療的なケアが受けられなかったり、検査結果についても正しい解釈がなされない危険性が非常に高いため、適切な医療体制が整っている認可施設でNIPTを受けることが非常に重要です。
    • NIPTを受けられる条件(※1)や、受ける時期(※2)を事前に確認しておくことが重要です。もし受けられる条件に当てはまらなかった場合でも、NIPT以外の出生前検査の選択肢があります。
    • 弊社ラボコープのNIPTは、世界中で100万人以上の妊婦さんに利用されてきた実績があり、世界の医療関係者や妊婦さんから高い信頼を得ています。
    • 以上のことを踏まえて、認可施設の医師やカウンセラーへ相談してみましょう。